金買取ガイド高価買取業者をリサーチ 金買取ガイド高価買取業者をリサーチ

金投資の種類

右肩上がりが止まらない金の価格。 それに呼応するように金に投資する人々が増えてきました。 世界不安や米ドルへの不信感がこのような状況を生み出しているのでしょうが、投資にも様様な種類がある事をご存知でしょうか?これから投資を考えている方に向けて、その種類と内容、そしてデメリット・メリットをまとめてみました。 是非ご自分に合った投資方法を見つけ、上手く資産運用して下さいね。

初心者でも簡単な純金積立

1000円から可能な純金積立は初めて投資を行う方に適しています。 投資額が低いためリスクが低く、また毎月自分の口座から引き落とされる為、かなり楽だとも言えましょう。 投資に慣れたらスポットと言って投資額を増やす事も可能です。 デメリットとしては年会費・入会費な必要なこと(この額は会社によって異なります)利息がないことです。 ボーナスが入ったら大きなスポット購入を行えるなど、ほとんど貯金感覚と言えましょう。 ローリスク・ローリターン、あまり見返りを求めず資産として金を持ちたい方に向いた方法です。

株感覚で金投資!ETF

3000~4000円で始められるETFは株投資をしていた人にとっては非常に魅力的な投資方法です。 金の価格に連動した投資信託ですので、ほとんど株と同じ感覚で投資が行えます。 「売り」から始めることが出来るのも嬉しいところです。 また取引は全ての証券会社で可能。 更に万が一、会社が倒産しても保障があるという点では安心です。 株式と異なる点は利回りが無い事です。 よっていつ売りに出すか買いに出すかという個人の算段が必要となってきます。

地金は現物ならではの安心感が魅力

いわゆるインゴットと呼ばれる24金を購入する方法です。 重さは、1kg、500g、300gと様様ですが売却のしやすさを考えると1kgが良いでしょう。 基本購入価格はその時の市場価格になります。 貴金属店、商社、精錬会社など好きな所から購入可能ですが、業者により手数料・売買の価格が異なってきますので慎重な業者選びが必要となってきます。 紙幣とは別に安定した資産を得たい人が好みます。 先物取引と違い、いきなり現物を購入する為、1kg購入する場合は値段が大体500万弱と準備金と現物を保存する場所が必要となってきます。 勿論、相場の変動と為替の影響を受けます。 しかしCEDと比較するとリスクは少ないので初めて金・ゴールドを購入する方には推奨出来ます。

金CEDはハイリターンが期待できる

先物取引に似ているものに金CEDというものがあります。 先物取引同様に、一年後に何らかの商品を購入する約束を、証拠金を払って行う取引の事です。 予約して取引を行うような感覚ですね。 これの金バージョンがCEDになります。 一定の証拠金で何倍もの取引が行えますので、当たった時はとても大きな額を得ることが出来ます。 この事が指すように相場がいかに読めるかが鍵となります。 ハイリスク・ハイリターンなことがメリットとも言えますしデメリットとも言えましょう。 ネットを駆使し世界の情勢・情報を日々集めることが必要となってきます。

インフレ対策として好まれる昔から好まれるゴールド。 紙幣の資産の代替品として扱うことも、お金として増やしていくことも可能です。 それぞれの投資の特徴をしっかりと理解し、自分がどのような資産運用の展開をしていきたのか、シミュレーションをたてバランスの良い投資を行って下さいね。