金買取ガイド高価買取業者をリサーチ 金買取ガイド高価買取業者をリサーチ

金属アレルギーについて

食物に関するアレルギーで卵や牛乳が摂れない子どもたちがいるとニュースが以前から流れ、私たちの耳によくアレルギーと言う言葉が流れるようになりましたね。 その多くは花粉症でお馴染みの花粉アレルギーと食べ物類のアレルギーですが、実は、ファッションアイテムの一つとして何かと重宝されるアクセサリー類も金属アレルギーによって身に付けられない方がいらっしゃるそうで、いろんな意味で問題視されているという話も聞きます。

さて、この金属アレルギーを防ぐ一つの方法として金メッキをほどこすという話を耳にするのですが、これはどういうことなのでそうか? そもそも、金メッキが金属アレルギーにもたらす効果とは一体何なのでしょうか? そこで、今回は、金属アレルギーに効果的と言われる金メッキの効果について触れていきます。

金属アレルギーとは?

ピアス・イヤリングなどのオシャレアイテムや、メガネ腕時計などの生活に密着するアイテムなど、普段何かしら金属を私たちは身に付けていますが、時たま金属をつけていて痒みなどを感じて不快な思いをすることがあり、この症状を俗に言う金属アレルギーというそうです。 アレルギーとは特定の物質に対して異常に免疫反応を起こしてしまい、湿疹・痒みを始め様々な症状が出てしまう事を言うのですが、金属アレルギーの場合、直接金属がアレルギー反応を起こしているわけではなくて、金属が放つ(厳密には溶け出す)金属イオンと人の表皮にあるタンパク質が結合しアレルギー反応を起こしてしまう宋です。

もちろん全ての人がこの金属アレルギーに罹ってしまう訳ではありませんが、金属アレルギーに罹ってしまう方は、湿疹・痒みなどによって皮膚に炎症が起こり、かなり苦しいという症状が発生するといわれています。 それだけに、金属アレルギーは、おしゃれだけでなくメガネや時計など生活上必要な金属を身に付けられない非常に厄介なものと言っていいかもしれませんね。

金属アレルギーに金メッキが効果的?

金属アレルギー対策の一つとして金メッキは効果的という話をよく聞きますが、金メッキをすることによってどんな良いことがあるのでしょうか? そもそも金属アレルギーは、ニッケル・コバルトなどの低品質の金属に起きやすいと言われています。

その逆に・銀・チタンは金属アレルギーになりにくい金属であり、金は特に錆びづらく腐敗からも防ぐ金属と言われ、金属アレルギー対策にはうってつけの金属です。 金メッキは、金属アレルギー反応が起こりやすいニッケル・コバルトなどの低品質である金属に表面上金で覆うことで、単純におしゃれを演出するだけでなく、ニッケル・コバルトなどの低品質の金属よりも金属アレルギーになりにくくなるため効果的なのです。

金は金属アレルギーをシャットアウトする?

先程も話した通り、金はアレルギー反応が起こりにくい金属なので、歯科治療などにも用いられたりしていますが、金メッキ=絶対にアレルギー反応が起こらないというわけではありません。 例え金メッキをしたとしても、必ずアレルギー反応が起こらないというわけではなく、あくまで金属アレルギーになりにくくなるというだけですので過信は禁物です。

また、時間の経過とともに、金メッキも剥がれたりします。 メッキが剥がれた中身はニッケルやコバルトなどの低品質の金属だったりしますので、そこから金属アレルギーに罹ってしまうことも十分考えられます。 決して金メッキをしたからといって過信しすぎず、湿気の強いところ・発汗しやすい環境で金属を四六時中身に付けない様にするなどの配慮は怠らないようにしてくださいね。

必ず金属アレルギーにならないという訳では無い

金属アレルギーは、アクセサリーやメガネ・腕時計などの金属を身につけることで、痒みや湿疹など炎症が起きてしまうアレルギー症状の一つです。 ひどい方は少し身に付けているだけでも湿疹が出来てしまうなんてこともあるそうで、結構苦しかったりするという話も聞きます。

そんな金属アレルギーはニッケル・コバルトなどの低品質な金属から起こるケースが高く、金や銀・チタンなどは逆に金属アレルギー反応が起きにくいと言われています。 そのため、金メッキをすることで、金属アレルギー反応を起こりにくくするという対策をされている方もいらっしゃるらしく、事実、金メッキは金属アレルギー対策として効果的です。

ただし、あくまで金属アレルギーになりにくくなるというだけであって、必ず金属アレルギーにならないと保証されるわけではありません。 症状のひどい方は、たとえ金メッキを施していたとしてもアレルギー反応が起こってしまいますし、メッキが剥がれてしまえば、中身はニッケル・コバルトなどのアレルギー反応が起こりやすい金属ですから、過信しすぎるのは非常に危険です。 出来る限り、アレルギー反応が起きないように、夏場の暑い時期や湿気の多い場所ではアクセサリーは身に付けないようにするなど、金属アレルギーにかかりやすい方はそれなりに気を配って下さいね。