金買取ガイド高価買取業者をリサーチ 金買取ガイド高価買取業者をリサーチ

宝の山?都市に眠る「金鉱山」とは

私たちがゴミとして出す家電・携帯電話・パソコンの中には、金・銀・銅・プラチナが眠っているのをご存知でしょうか?
日本が世界有数の金を保持している理由と、そのリサイクル方法についてご紹介していきます。

精密機器やスマホに使われる金が都市に集中

自分たち身の回りにアクセサリー以外でどれだけの金・銀があるか…?なかなか想像しにくいですよね。
金は非常に加工しやすい為、精密機械に多く利用されています。例えば、スマートフォン・パソコンの基盤といったテクノロジー製品です。ハイテク製品は都市に集まりやすい傾向にあり、金を含む希少な金属すなわちレアメタルが集中する都市を鉱山に例え「都市鉱山」と呼ぶようになりました。またレアメタルを含んだ家電のゴミを都市鉱山と指すこともあるようです。

日本は金の保有率が世界第8位と上位

小さな島国である日本ですが、金の保有率は世界第8位と上位ランク、6800トン、全世界の埋蔵量の約16%に該当します。この数字は都市鉱山の中の金がほぼ占めています。それほど日本がハイテク機器を利用しているということになります。

限られた資源を活用するため注目される都市鉱山

金・銀・銅・プラチナは自然が生んだ限りある資源です。泉のように湧き出る訳は無く、いつかは枯渇してしまいます。それを防ぐべく最近ではレアメタルのリサイクルが注目を浴びています。
しかし高度な技術を必要とされるレアメタルの再生はコストの面からあまり進んでいないのが現状です。私たちだけの世代だけではなく子供の子供、子孫の為に資源を残し継続させる「持続可能な社会」の実現の為にも、金を筆頭としたレアメタルのリサイクルは欠かせません。その為に企業が日々研究・努力を重ねています。

日本が世界有数の金・ゴールドを保持しているとは意外ですよね。しかし眠ったままではせっかくの貴重な資源も宝の持ち腐れです。今後のリサイクル方法の発達が期待されます。