金買取ガイド高価買取業者をリサーチ 金買取ガイド高価買取業者をリサーチ

代表的な金製品の製造元や機関を知っておきましょう

金を資産として運用するなら、ただ単に購入し売却するのではなく、いろいろな企業や法人などが強く関わっているため、それらを知ることでよりよい取引が出来るのではないかと思います。 ここでは、最も重要とされるロンドン地金市場協会(LBMA)、東京工業品取引所、田中貴金属工業、三菱マテリアルについて説明していきますので、今まで知らなかったという人は参考にしてくださいね。

ロンドン地金市場協会(LBMA)

ロンドンの金市場というのは、世界において最も古い金のマーケットで、現在では最も権威のある機関です。 LBMAでは、金の規格を制定・管理し、厳しい審査に通った造幣局や企業を「Good Delivery(GD)リスト」に加え登録するとともに、認定を行っています。 LBMAで公認熔解業者リストに登録・認定された造幣局、企業が生産する金製品は、世界においての年間金生産量の約90%を占めるとされています。 そのため金市場において、LBMAは世界で最も権威のある機関であり、LBMAに登録された製品の信頼度は折り紙つきとなります。

東京工業品取引所

東京工業品取引所は商品取引所法に基づいた先物取引所であり、現在では貴金属(金・銀・白金・パラジウム)、アルミニウム、石油(ガソリン・灯油・原油・軽油)、中京石油(ガソリン・灯油)、ゴム、農産物(一般大豆・小豆・とうもろこし・粗糖)の計16種類を取り扱っており、毎日取引が盛んに行われています。 特に貴金属の取引が盛んで毎日賑わっています。 また、日本経済において大きな影響を与えている法人であり、先物取引をする上で最初に知っておかなければいけない法人です。

田中貴金属工業

田中貴金属工業は田中貴金属グループの筆頭であり、主に貴金属を中心として事業を展開している日本最大の貴金属関連企業です。 また、日本で初めてLBMAで公認熔解業者リストに登録・認定されたのが同社であり、また日本で初めて、「純金積立」を開発したのも他でもない同社であるため、日本屈指の貴金属関連企業と言っていいでしょう。 田中貴金属工業で販売している金には「Good Delivery(GD)」の公認マークがついているため信頼度はかなりのもので、一種のブランドとして確立されています。

三菱マテリアル

三菱マテリアルは三菱グループの大手非鉄金属メーカーで、自動車部品などの金属加工・セメント製造・アルミ缶製造・海外銅鉱山へ投資・電子材料の製造と販売・銅製品の製造と販売など多岐に渡る事業を展開している日本の大手企業です。 貴金属に関しても忘れてはなりません。 三菱マテリアルでは金地金や貴金属カード、ゴールドのジュエリーといったものを製造・販売しており、LBMA公認熔解業者リストに登録・認定されています。 三菱マテリアルで製造された金製品には三菱マークが刻印されており、田中貴金属と共に信頼されています。


このように、一重に金と言っても様々な企業、法人などが関わっています。 先物取引には東京工業品取引所が直接的に関わっていますし、LBMAに公認されている熔解業者で購入したか否かで品質も変わってくることがあります。 また売却する場合、買取額にも大きく関わってきます。 また、ただ単に金(ゴールド)を購入したい、資産運用で利用したいというだけでは知識不足と言えます。 ここで紹介した4つの企業・法人はとても大切なので覚えておくようにしましょう。