金買取ガイド高価買取業者をリサーチ 金買取ガイド高価買取業者をリサーチ

金の純度の違いとは?純度別に詳しく解説します

金(ゴールド)の純度というのは主に5種類あり、それぞれ24K、22K、18K、14K、10Kとなります。金を語る上で、純度というのはとても大切です。そのため、純度によってどのような違いがあるのかまず説明していきたいと思います。また、純度ごとにそれぞれ用途も違ってくるので、同時に解説していきたいと思います。

24K

24Kは全体の99.99%が混合物の入っていない純粋な金であり、純金とも言われています。ほとんど混合物が入っていないため、腐敗することなく、また変色もしないので、永久的な輝きを放ちます。24Kはやわらかいので、めったにリングやネックレスのようなジュエリーとして加工されることはないため、24Kのジュエリーというのはとても高価です。24Kは基本的にはコイン、延べ棒、インゴットのように金そのものの価値を十分に出せるように加工され、資産として所有する人や、相場が高くなる頃を見計らって売却するといった目的で購入する人が多い傾向にあります。ちなみに一般的に市場に出回っている金箔は23Kで含有物として純銀が4.90%、純銅が0.66%入っています。

22K

24K、18Kといった純度はよく耳にしたことがあると思いますが、今注目されているのが22Kです。22Kは純金含有量が91.7%で、その他の混合物が8.3%混じっています。最近では22Kのジュエリーが増えてきています。しかしながら、24Kよりは硬いのですが、それでもまだまだ軟らかいため、扱いに注意が必要で簡単に壊れてしまうことがあります。壊れてしまうと、買取に影響を受けてしまうため、22Kのジュエリーは細心の注意を払う必要があります。とはいえ今、アジアでとても人気があり、輝きも24Kに近いためこれから増々人気が出ること間違いありません。

18K

18Kは純金が75%で残りの25%は他の金属が混ざったものです。24Kや22Kは軟らかく、リングやネックレスといったジュエリーには不向きな部分がありますが、18Kはまさにジュエリーのための金と言えます。以前はゴールド色しかなかったのですが、最近では25%の部分に様々なものを含むことにより、黄色に見えるイエローゴールドや、ピンク色に見えるピンクゴールド、銀色に見えるホワイトゴールドといった種類も出てきています。18Kはとても加工しやすく、なおかつ純度が高いこともあり、時計、カメラ、IPHONEケース、ライターのようなものにまで加工されています。

14K

14Kは純金が58.5%で残りの41.5%は他の金属が混ざったものです。18Kの残りの含有物が銀や銅であることを多いのですが、14Kは銀や銅だけでなくパラジウムといった金属が混じることがあります。24Kや22K、18Kのように純度が高くないため、壊れにくいという長所がありますが、その反面輝きが弱く、変色がしやすくなります。また、純金でない部分の割合が大きいため、肌が弱いという方は金属のアレルギー反応が起こる可能があります。しかしながらその加工のしやすさで、ペンやピアスの留め金といった身近なものによく使われ、価格もそれほど高くないので手に入れやすいのが特徴です。

10K

10Kは純金が42%で残りの58%は他の金属が混ざったものです。含有の半分以上が純金ではないものであるため、硬度がありゴールドの輝きも持っているということで、アクセサリーに加工されることがほとんどです。しかしながら昔は10Kは存在しませんでした。昨今、金の高騰により18Kなどの純度の高いものを購入できないという人のために作られ、今や様々なアクセサリーに加工されています。ただ純度の高い金と比べると輝きはどうしても落ちてしまい、淡い黄色のような見え方をします。また劣化するのも早く、特に錆びに弱い傾向があります。ただ、価格の安さで今やとても人気があり、アクセサリーの繊細なデザインに対応できる10Kは様々なお店でたくさん見ることが出来ます。

純度の数字が多くなるほど高価になり、買取額にも影響を与えます。混合物の割合が増えれば強度は増しますが、その反面、変色がしやすくなったり、金属アレルギーを引き起こす可能性が上がるので、用途にあった純度をお買い求めください。