金買取ガイド高価買取業者をリサーチ 金買取ガイド高価買取業者をリサーチ

金の種類を詳しく解説!

18Kや14Kといった純度の金は加工がしやすいため、最近ではイエローゴールドや、ピンクゴールド、ホワイトゴールドといった純金に銀や銅、パラジウムなどの金属を配合することで化学反応を起こさせ、それぞれ違った色の輝きを放つ金(ゴールド)が作られています。どれも比較的値段が安く、また加工がしやすいということで、繊細なデザインを必要とするジュエリーなどに多く加工され、価格のやすさと綺麗な輝き、そしてデザインが豊富であるという理由で年々人気が高まってきています。

イエローゴールド

純金に銀や銅、パラジウムといった金属を純金と混ぜ合わせることで作られ、金色もしくは黄色で、その色から特に男性に人気があります。主に18Kや14Kといった純度の金から精製され、リングやネックレスといったさまざまなジュエリーに加工されています。純度の高い金はとても高価であるため手が出せないという人がたくさんいますが、イエローゴールドは同系色であり、しかも値段が比較的安いため多くの方に好まれています。金の相場とは区別されますが、イエローゴールドの人気が高まってきているため、買取額も年々高くなってきている傾向にあり、今後も価値は上がっていくものと思われます。

ピンクゴールド

ピンクゴールドも同様に純金に銀や銅、パラジウムといった金属を純金と混ぜ合わせることで作られ、ピンク色ということで女性に大変人気があります。今まで高価なピンク色のジュエリーなどには宝石が使われていましたが、今ではピンクゴールドが市場に出たことで、たくさんの女性に愛用され、またその美しい輝きから女性へのプレゼントとして大変人気があります。需要の高さから買取市場でもピンクゴールドの人気はすさまじいもので、高価買取してくれる業者がたくさんあります。ただ、純金ではないという性質上、銀や銅、パラジウムといった成分の劣化により変色してしまうことがあります。それでも味のあるピンク色として好む人が多いことも事実です。

ホワイトゴールド

ホワイトゴールドも純金に様々な金属が混ざっており、日本人の肌に合う純白なその輝きは老若男女問わず、全ての方に大変人気があります。純白という色の特性上、定番であるネックレスやリングだけでなく、ブレスレットやイヤリング、ブローチなどといったものまで幅広く人気を博しています。多くのホワイトゴールド製品はメッキ加工されていますが、メッキ加工といっても技術の進展により剥がれにくくなっています。よくプラチナと間違われますが、全くの別物で、元々はプラチナの代わりとして開発されましたが、ホワイトゴールドの輝きに魅了される人が多くなったため、今ではプラチナよりも人気が出てきています。

プラチナ

プラチナは加工されたものではなく天然の白色で、ホワイトゴールドとは違い、変色したり褪せたりすることはありません。また摩擦も起きにくいため、永久的に活躍してくれる金属です。金の純度が高いことで、アレルギーなどが起きにくいとされています。価格はおよそホワイトゴールドの2倍します。また重量もあるため、ホワイトゴールドと比較する場合の一つの指針になります。

以前は同一色しかなかったのですが、今では加工技術の発達によりイエロー、ピンク、ホワイトといった様々な色が登場しています。お手頃な価格、デザイン性によりとても人気があり、これからその傾向はさらに強くなっていくものと思われます。そのため買取価格も上昇すると考えられるので、時間の経過とともに変色が起きてしまう、これらの金は大事に使っていくようにしましょう。またイエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドどれも質は同じなので、変色の具合も一緒です。ですが価格帯はそれぞれの人気により、またアイテムにより左右してくるので覚えておきましょう。