金買取ガイド高価買取業者をリサーチ 金買取ガイド高価買取業者をリサーチ

金の歴史を知れば、もっと金が好きになるでしょう

世界で最も人気の高い金(ゴールド)ですが、最古では紀元前6000年頃に古代シュメール人がすでに金の装飾品を利用していたという記録が残っているくらい、古くから世界で愛用されています。売買が盛んになった昨今、相場の変動も移り変わりが激しく、その需要が伺えます。

ツタンカーメンで有名なエジプトのファラオ時代

ツタンカーメン、ピラミッドなどで知られているエジプトですが、ファラオの時代に装飾品などに多くの金が利用されていました。それもそのはず、ファラオの国家を支えていたのは、金の採掘だからです。『栄える国は金を持つ』と言われるくらいとても重要なもので、国の繁栄=金の所要量とも言われるくらいです。ツタンカーメンの棺やマスクなどご覧になったことがあるかと思いますが、大量の金が装飾されています。巨大な鉱山を所有していたとはいえ発掘量は無限ではないため、特に高貴な者だけに装飾を許されていました。

アンデス山脈に居を構えた巨大国家、インカ帝国

アンデス山脈で栄えた巨大なインカ帝国ですが、ここでも金はとても関係があります。『黄金の国』など言われる文明はたくさんありますが、インカ帝国ほど黄金にあふれていた文明はありません。それほど大量に保持しており、インカ帝国に集積された量は10万トン以上とも言われ、推定で320兆円以上もの資産を持っていたと言われています。そのためとても豊かな国家だったのですが、それが災いしてたくさんの国に狙われ、最終的にはスペインによって滅ぼされました。金の取り合いによる侵略というのは13世紀から16世紀までの間特に盛んでした。

金の需要が著しく上昇し始めた中世ヨーロッパ

中世ヨーロッパでもとても重宝され、王の権威である王冠や、側近など高位な者の装飾品に多く利用されていました。貨幣として金貨、銀貨なども登場し、銀もたくさん利用されていましたが、金は銀の10倍以上の価値があるとして、とても重宝されていました。しかしながらいつの時代も埋蔵量というのは少ないもので、希少価値がとても高いことから中世ヨーロッパの時代には他のものから金を生み出す研究が行われるようになり、これがよく知られている『錬金術』です。しかしながらそれは失敗に終わり、金を生み出すことが出来ませんでしたが、これが科学の始まりとも言われています。

1900年代から現在にかけて

1900年代から、売買がとても盛んになり始め、その市場価値の移り変わりがとても激しいものとなりました。1980年には史上最高額ともなる1グラムあたり6945円で取引されました。しかしながら同年に3645円まで落ちました。それ以降、さまざまな経済的下落により、金の価値も同時に下がり始めました。ですが2010年頃になると世界でも有数の大国である中国やインドの金に対する需要が増えたため価値が上がりはじめ、年々その価値が上がってきています。現在アクセサリー等によく使用されていますが、埋蔵量には限界があるため、また世界での加工技術が上がっていることで工業用などにも使用されるようになりました。そのため必然的に需要が高まってくるため純金の価値は今後より一層高くなるものと思われます。

このように金は文化や文明など世界において様々な分野で影響を与えている代物です。大昔は高貴な者だけにしか持つことを許されませんでしたが、今では誰でも買えますし、その価格も昔と比べればかなり買いやすくなっています。経済的な影響で価値というのは変動するため必ずしも今後の価値が上昇するとは限りませんが、埋蔵量の関係で、またその使用頻度が増えることが予想されるので、価値は増々上がっていくのではないかと思います。現在ではすでに売値が高騰しているため、買取に出すのなら今がチャンスとも言えます。