金買取ガイド高価買取業者をリサーチ 金買取ガイド高価買取業者をリサーチ

金の手入れをして輝きを取り戻しましょう

ゴールドアクセサリーはシルバーアクセサリーとは違い、酸に強いため比較的錆びにくい性質を持っています。そのためメンテナンスが容易なアクセサリーです。しかしながら、メンテナンスのしやすい金(ゴールド)とはいえ、長期間手入れすることなく使い続けていくと劣化していきます。そのため長期間使い続けていくためには日頃から大切に扱っていくのは当然ですが、定期的な手入れも必要です。また保管の仕方にも気を付けるように心がける必要があります。ここではネックレスやピアスといった金のアクセサリーの手入れ方法を紹介していきます。

日常的に気をつけるべきこと

1.メイクや香水の後に身に着けるようにする

香水や化粧品は変色の原因になるため、メイクや香水になるべく触れないように、後に着用しましょう。また水も避けるべきなので、入浴する時や水仕事の時には外しておいた方が無難です。金は水で変色することはまずありませんが、温泉では必ず外すようにしましょう。さまざまな成分が変色を引き起こす場合があります。

2.外して保管する前に専用の布やセーム革等で拭く

金というのは汚れの目立たないものですが、一日中身に着けていると細かな埃や汗がついてしまいます。そのため外して保管する際には拭いてあげることが大切です。金製品専用の布やセーム革で拭いてあげるだけで十分ですが、時間に余裕があるのなら子供用の柔らかい歯ブラシで優しく磨いてあげると尚良しです。

3.金のアクセサリーと混同せずに単品で保管する

たくさんのアクセサリーと混同して保存してしまうと、お互いに触れてしまいます。傷がつきにくい金とはいえ細かな傷がついてしまう可能性があります。傷がついてしまうと買取額にも影響してくるため、単品で保存するようにしましょう。

お手入れ方法

用意するものは、『柔らかいブラシ』、『ピンセット』、『柔らかい布』、『ぬるま湯の入った容器』、『中性洗剤』。

1.ぬるま湯に少しだけ中性洗剤を混ぜ、
それに金のアクセサリーを浸します。

2.少し時間をおいて埃が蓄積しやすい部分や表面をブラシで
磨いてあげます。

3.汚れが落ちたら、中性洗剤を落としてあげるために水ですすぎます。

4.完全に水分がなくなるまで待ちましょう。

5.最終仕上げとして布で拭いてあげます。

たったこれだけの過程で金のアクセサリーの汚れや埃を綺麗に取り除くことができます。あまり汚れや埃がついていない場合は中性洗剤を混ぜたぬるま湯に浸し、コットンタオルなどで軽く拭いてあげるだけでも構いません。

注意するべきこと

ピンセットを用いる場合は、傷がつかないようにテープなどを巻いてあげましょう。どうしても汚れがとれない場合は、中性洗剤の入ったぬるま湯にしばらく浸してあげましょう。そうすることで汚れが浮かび上がるため、取れやすくなります。上記の手入れで汚れや埃をとることが出来ますが、変色してしまったものはどうしようもありません。そのため、長期的に綺麗な輝きをキープさせるためには、日頃から丁寧に扱うことがとても大切です。


金というのはとても美しい輝きを持ち、老若男女問わず愛されて続けています。しかしながら、手入れを怠り、すぐに劣化へと導いてしまう人が多いのが事実です。金というのは採掘量に限りがあるため世界中で貴重な物とされています。そのため、購入する人の義務として、末永く使ってあげることが必要なのではないかと考えます。元々、金は変色や汚れに対し強い性質を持っていますが、それでも手入れを怠ると劣化していきます。手入れの方法はいたって簡単なため、面倒くさがらずに手入れをしていきましょう。

また、金の状態は買取時に大いに影響するため、いくら高価な金であっても状態が悪いと高く買い取りしてもらうことが出来ません。よって、日頃から大切に扱い、また定期的に手入れをしていきましょう。

おすすめ記事

このカテゴリの人気記事

→金・貴金属の売却入門ガイドTOPへ戻る