金買取ガイド高価買取業者をリサーチ 金買取ガイド高価買取業者をリサーチ

パーソナルカラーで見る本当に似合う金アクセサリー

自分の好きな色と似合う色が違うように、金のアクセサリーにも似合う・似合わないが存在することをご存知でしょうか?22K・18K・14Kでもそれぞれ色味や輝きはかなり変わってきますし、現在はカラーゴールドの種類も沢山ありますよね。
あなたの美しさをぐっと引き出す「パーソナルカラー」を元にした本当に似合う金アクセサリーの判別方法をご紹介していきたいと思います。

金が似合うイエローベースと銀が似合うブルーベース

どんな金のアクセサリー・ジュエリーが似合うか判別するには、まず自分がどのベースカラーに属するかを知らなければなりません。
一般的に日本人は黄色人種と言われていますが、黄の色に寄った「イエローベース」と青の色に寄った「ブルーベース」2種類に大別されます。あくまで簡易的ですが暖色とゴールドが似合う人はイエローベース、寒色とシルバーが似合う人はブルーベースと言われています。まずここで自分がどちらか記憶しておいて下さいね。

更にフォーシーズンズカラー「春夏秋冬」がある

上記のイエローベースとブルーベースに加えパーソナルカラーにはフォーシーズンズカラーと呼ばれるイエローベース(春)、イエローベース(秋)、ブルーベース(夏)、ブルーベース(冬)の4種類があります。鮮やかな色が似合うようなら春か冬、そうでないならば夏か秋です。
パーソナルカラーは自己診断では難しいので、もっと知りたい方は専門のカラーコーディネイターに診断してもらって下さいね。ファッションやアクセサリーを選ぶ上で非常に参考になるはずです。

春は22Kの甘めデザイン・秋はマットなイエローゴールド

フォーシーズンズカラーがわかったら早速、似合う金のアクセサリー判断をしていきましょう。
春の人には濃い黄色でまばゆい輝きの22Kがとってもお似合い。どこか繊細でキュートなデザインがより映えます。秋の人はマットなアンティーク風のイエローゴールドがしっくりきます。レトロな大振りのデザインでも派手にならず身に着けられるタイプです。基本的に春・秋の人は黄が似合うので大体の金アクセサリーを着けられるはずですよ。

夏はピンクゴールド・冬はホワイトゴールド

ブルーベースである夏と冬タイプは、黄みがある金は少し苦手なカラー。シルバーの方が顔色や佇まいに合います。でもがっかりしなくでも大丈夫ですよ。デザインをちゃんと選べばブルーベースの人でも金をセンス良く身にまとうことができます。
夏の人は今、大人気のピンクゴールドが一番似合うタイプです。清楚で上品なデザインだとよりあなたを魅力的に見せてくれます。冬の人は重厚なイメージを持つホワイトゴールドが良いでしょう。モダンで個性的なあなたの良さを引き出してくれます。シンプルで存在感のあるデザインも難なく着けられるタイプです。

パーソナルカラーの診断方法は日本人だけではなく男女問わず全世界の人に当てはまります。頑張った自分、お友達や恋人に金のアクセサリーやジュエリーをプレゼントしようと思ったら是非このパーソナルカラー診断を思い出して下さいね。着ける人をより素敵な雰囲気に導く金のアクセサリーが見つかることでしょう。

金買取ガイドTOPへ