金買取ガイド高価買取業者をリサーチ 金買取ガイド高価買取業者をリサーチ

金のアクセサリー・ジュエリーの買取について

金の貴重性が再認識され高騰している現在、使用しなくなった金のアクセサリーやジュエリーの売り時と言えます。 通常の宝石類ならば欠けてしまったり汚れてしまったりすると査定額の減額対象になるのですが、金は再び精錬することにより再利用が可能なので、千切れてしまったネックレスや片耳だけになってしまったピアスも買取が可能なのです。 買取を検討している方の為に、ゴールドのアクセサリーやジュエリーの買取について解りやすくご紹介していきたいと思います。

金の買取額はアクセサリーに含まれている金の量で決まる

今、買取に出そうとしているアクセサリーに「18K」「14K」といった刻印はありませんか?Kとは重さの事で、これはお持ちのアクセサリーに含まれている金の量を指します。 ゴールドは24分率で表示されますので、純金と呼ばれるものは24/24という含有率になりますね。 しかし24Kそのままですとアクセサリーにするには柔らかく加工しづらい為、銀や銅といった他の貴金属を混ぜるのです。 これを「割金」と呼びます。 この割金の割合によって22K・18K・14Kなどが決まってきます。 ゴールドを含む量が多いほど買取額は高くなります。 もし、お持ちのゴールドに刻印が無くても専門店なら計測器がありますので安心して下さいね。

金ならば千切れていてもイニシャル入りでも買取OK

ペアで購入しイニシャルを入れてあるリングも、黒ずみ・歪み・千切れなどがあるネックレスもゴールドならば地金として買取可能です。 前述しましたように再び精錬し新たなゴールドとして蘇らせる事が出来るからです。 「もう使用しないけれど傷だらけだから売れないかも…」などと思い込まずに是非、査定に出してみて下さいね。

金製のブランドアクセサリーの買取について

金には2つの価値があるのをご存知でしょうか?「商品」としての価値と「地金」としての価値です。 金製のブランド品になると地金としての価値よりもブランド商品としての価値が高まる可能性もあります。 空箱やギャランティ、保存袋が揃っていればなおさらブランド物としての価値がありますので、一度ブランド品としての査定と地金としての査定、両方を受けてみる事をオススメ致します。

カラーゴールドのアクセサリーは買取可能か?

今、流行しているのがホワイトゴールドやイエローゴールドに代表されるカラーゴールドです。 これらは18Kにそれぞれの色が出るように銅やパラジウムを混ぜた貴金属です。 ホワイトゴールドなどはパラジウムを全体に練り込んだものならば価値がありますが、表面だけコーティングをしたものは買取額がさほど期待できません。 力量のある査定士がいる専門店ならばカラーゴールドのアクセサリーも買い取ってくれますので、まずはカラーゴールドのアクセサリーの買取を行っているかどうか業者に聞いてみるのが良いでしょう。

資産価値の高いゴールド。 宝石箱にしまい込んだままでは勿体ありません。 更に以前と比較するとゴールドの相場は高くなっているのでチャンスと言えましょう。 ゴールドのアクセサリー・ジュエリーの売却を検討されている方高額買取を成功させるために小まめにゴールドの相場をチェックしてみて下さいね。